MGA-565P8

20dBm Psat高アイソレーション・バッファアンプ

Currently Viewing:

MGA-565P8バッファアンプは、0dBm入力時に20dBmの均一な高Psat、42dBのアイソレーション、22dBの小信号ゲインが得られ、高ダイナミックレンジ・パッシブミキサを駆動する局部発振器での使用向けに設計されています。

このバッファアンプは、携帯電話/PCS/WCDMA/CDMA2000の基地局およびその他の3GHz周波数帯までの無線基地局用途に最適です。アバゴ・テクノロジーのGaAsエンハンスメント・モードpHEMTプロセスを使用して製造されており、8本リードLPCC (JEDEC DFP-N) パッケージに実装されています。

主な機能

  • MGA-565P8は、外部抵抗を使用して9dBm~20dBmの間で飽和出力の調整が可能で、それに応じて消費電流の調整も可能です。この機能は高いPsatを必要としないアプリケーションでの電力消費の低減に役立ち、様々な設計性能要求に対応する設計の柔軟性を提供します。
  •  熱効率の高いパッケージのサイズはわずか2mm x 2mm x 0.75mmです。裏面の金属は、優れた放熱だけでなく、はんだリフローの目視での確認を可能にします。このデバイスの85℃の実装温度での点推定MTTFは300年以上です。

Lifecycle Status

Obsolete

Substance Compliance

  • RoHS6
    Fully Compliant
Specification Value
Lifecycle Obsolete
RoHS6 Compliant Y
Distrib. Inventory No
RF Freq (GHz)
IF Freq (GHz)
Conversion Gain (dB)
LO/RF Isol. (dB)
IIP3 (dBm)
Frequency (GHz) 0.1-6
Bias Condition (V@mA) 5V@67mA
NF (dB)
Gain (dB) 22
P1dB (dBm)
OIP3 (dBm)
Package SMT 2x2
IP1dB (dBm)
ADS Model 1 i
Application Note3 i
Obsolescence Notice1 i
Product Change Notice (PCN)6 i
Reliability Data Sheet1 i
S-Parameter2 i
White Papers1 i