反射型エンコーダ

アバゴの反射型エンコーダは、光源であるエミッタと受光素子であるディテクタを単一の表面実装リードレス・パッケージに組み込んだものです。反射型エンコーダは、反射面を持つコードホイールまたはリニアコードストリップと組合せて使用し、回転または直線運動をデジタル出力に変換します。反射型エンコーダは、発光ダイオード (LED) 光源、フォトダイオードを含むディテクタ IC、および光源から発する光とディテクタに入射する光を集束するレンズの 3 つの主構成要素からなります。

反射型エンコーダの動作は、光の明暗をフォトダイオードが検出する光学原理を利用しています。監視している対象の回転/直線運動が、コードホイール/コードストリップの使用により対応する光パターンに変換されます。コードホイール (または、コードストリップ) には、反射領域・非反射領域の繰り返しパターンが形成されており、反射領域 (ウィンドウ) は LED より発せられた光を反射させディテクタ IC 上のフォトダイオードに入射します。非反射領域 (バー) は光を反射しません。コードホイールが回転しているとき、ウィンドウとバーに対応する交互の明暗パターンが、回転運動に応じたタイミングでフォトダイオードに入射します。この動く光パターンを反射型エンコーダのディテクタ回路が認識して、コードホイールの回転を表わすデジタル出力を生成します。コードホイールがモータの回転軸に装着されている場合は、反射型エンコーダの出力は、モータの回転を忠実に表現します。

Select up to four products for detailed comparison.