インクリメンタル・エンコーダ

インクリメンタル・エンコーダは、相対位置を検出して出力する位置センサであり、サーボ・モータのフィードバック制御(位置決め制御)などに使用します。アバゴ・テクノロジーは、インクリメンタル・エンコーダとして光学式の製品を提供しています。

アバゴの光学式インクリメンタル・エンコーダは、長年の実績により、性能、信頼性、精度の面で高い評価を獲得しています。非接触構造を採用しているため耐久性が高く、機械式インクリメンタル・エンコーダに比べて高い分解能を実現できることを特徴とします。

アバゴのインクリメンタル・エンコーダには、反射型の製品と透過型の製品があります。反射型エンコーダは、LED、フォトダイオードを利用したディテクタ(光検出)回路、パッケージ一体型レンズの3つの要素で構成されています。一方の透過型エンコーダは、発光源としてアバゴ独自の高信頼性LEDを採用していることを大きな特徴とします。

インクリメンタル・エンコーダとコードホイール

アバゴ・テクノロジーは、互換コードホイールと容易に整合される一連のインクリメンタル・エンコーダ(光学エンコーダまたは光学インクリメンタル・エンコーダとも言われる)を提供します。

反射型エンコーダ

反射式エンコーダは、エミッタとディテクタを単一表面実装パッケージに組み込んでいます。コードホイールまたはコードストリップと共に使用して回転/線形運動をデジタル出力に変換します。

透過型エンコーダ

透過エンコーダ・エミッタ/検出器モジュール。コードホイールと結合され、回転シャフトの動きをデジタル出力に変換します。

エンコーダ・ライン・ドライバ

エンコーダ用の業界規格を満たすように設計されたエンコーダ・ライン・ドライバIC。