AS38-H39E Series

39-Bits Energy Harvesting Multi Turn Encoder

Currently Viewing:

AS38-H39Eは、39ビット(23ビット・シングルターンと16ビット・マルチターン)の高分解能オプションが利用可能なマルチターン・アブソリュート・エンコーダ・シリーズです。シングルターン・エンコーダは、エミッタとディテクタの間で回転する専用マルチトラック・コード・ディスクと結合された高精度増幅回路を含むディテクタオプトASICを備えています。マルチターン・エンコーダは、電力がウィーガント・ワイヤー式エナジー・ハーベスティング(自己発電)技術によって生成されるためバッテリが不要です。シャフトが回転するとき、シャフトに取り付けられた磁石がタンデム式に動きます。エナジーハーベスティング・コイル・モジュールが磁界と反応しパルス電圧が生成されます。利点は、回転速度と関係なく同じエネルギー量が生成されることです。生成されるエネルギーは、回転追跡回路に電力供給するのに十分です。したがって、外部電源がない場合でもカウント・ミスが起きません。

主な機能

  • 39-bits resolution: 16-bits energy harvesting multi-turn & 23-bits optical single-turn
  • Built-in communication protocol (option): BiSS C mode, SSI mode & RS-485 half-duplex
  • Overall encoder outer diameter Ø38 mm and maximum height of 40 mm
  • Supporting ¼ inch, 6mm and 8mm diameter of the blind hollow shaft

アプリケーション

  • ロボットおよびロボット工学
  • ファクトリ・オートメーション
  • 角度および線形位置決めシステム
  • CNCマシン・ツール

Lifecycle Status

Active

Substance Compliance

  • RoHS6
    Fully Compliant
Specification Value
Lifecycle Active
Distrib. Inventory Yes
RoHS6 Compliant Y
Line Driver N
Motion Type Rotary
Optical Method Transmissive
Output Code Binary
Output Type Digital
Shaft Diameter 8
Resolution 39 Bits
Application Note1 i
Data Sheet1 i
Reliability Data Sheet1 i