光学パワー・コンポーネント

Broadcomの光学パワー・コンポーネントは、産業用途で電気的に絶縁された電力をリモート・センサやアクチュエータに供給するように設計されています。幅広い産業用動作温度で高い効率性を示す光学パワー・コンポーネントは、最高のコストパフォーマンスを誇るシステムを実現します。光電変換器は、レーザーやLEDの光を受けて電力を生成する光発電装置です。一般的な光電変換器の連続出力は10mW~600mWで、光入力によって変わり、多くの場合は光ファイバで送電されます。出力電圧は3.7Vと5.6Vから選択が可能で、一般的な電子回路、センサおよびデータ通信リンクに完全なガルバニック絶縁を実現しながら電力を供給することができます。