ハードディスク・ドライブ・プリアンプ

HDDメーカーが記録密度と容量を高めるには、ハードディスク・ドライブ(HDD)専用プリアンプは不可欠です。プリアンプとは、読取り動作時、最初にディスクから来るデータを受け取り、書込み動作時には、最後までデータを扱うためのチップです。

HDDメーカーは、大量の記憶需要に対応するためにより多くにディスクを備えたドライブを開発しようとします、それに伴いプリアンプもチャンネル数 (それじれの信号経路) が増え、HDD内のプリアンプ・シリコン・フットプリントも増大します。

リード中は、TrueStore®プリアンプが、データ信号を忠実かつと最小ノイズでHDD SOCに送り、そこでデジタル・データが抽出されます。

ライト中は、プリアンプは、ディスクに書き込まれるデータの品質が最高になるように信号を調整します。 また、TrueStore®プリアンプは、ヘッドのフライハイトのコントロールについても重要な役割を果たし、信頼性を維持に貢献します。

TrueStore®プリアンプは、ノートブック、デスクトップおよびエンタープライズ・のすべてのドライブセグメントに使用できる共通のプリアンプ設計で、お客さまの開発費の削減と製品開発期間の短縮に貢献します。